星検索
一覧表を開いた時に、前回検索したデータを表示するように変更しました。

宛名書き
「フリーワード検索」機能を追加しました。

過去帳
「命日不確定」「逆修日」項目を追加しました。
 「逆修日」のタイトル名は以下の画面にて変更できます。
 「ユーザー設定」画面の「過去帳設定」タブの「日付入力項目」にあります、「日付2」です。

現在帳(家族帳)
死亡ボタンを押した時の処理を追加しました。
 「生前受式年月日」→過去帳の「逆修日」へ転記します。
 「備考1」→過去帳の「備考1」へ転記します。
 「備考2」→過去帳の「備考2」へ転記します。

必ず行って頂きたい事
アップデートの最後にデータベース最適化プログラムが起動しますので、必ず実行して下さい。

上記を対応しているバージョンは20171115です。